コーヒーとカフェインの話

最近、ノンカフェインの飲み物が多く出回っています。
妊活・妊娠されている方、カフェインに対して敏感な反応がある方が選ぶことが多いのではないでしょうか。

コーヒーを常飲していた方が、ノンカフェインの飲み物をいろいろ探していらしているので、ノンカフェインの飲み物について書こうと思ったのですが、その前に、コーヒーとそれに含まれるカフェインについて書いておこうと思います。

カフェインの作用

まず、様々な飲み物に含まれ、コーヒーにも含まれているカフェインの作用にはどのような作用があるのか確認しておきます。

中枢神経を興奮させることによる覚醒作用および強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などである。(Wikipediaより)

  • 覚醒作用…脳を興奮させ眠気や疲労感を除去する作用です。
  • 脂肪酸…エネルギー不足の時に脂肪から分解されてできるもので、実質的にエネルギー源になるものです。
  • 脳細動脈収縮…血管が収縮するということは、脳の血流が減少するということです。血流がしっかりあるとその部分がしっかり栄養されることは想像できると思います。脳の血流が減少すると脳機能を低下させることも考えられます。
  • 利尿作用…カフェインは腎血管を拡張させ腎血漿流量を増加させるために、おしっこが出やすくなるということです。

上記にあげたような作用が、身体に出やすい敏感な方とそうでない方がいます。それは、遺伝因子により決定されているということがわかってきています。いってみれば「体質」によるわけです。

少量コーヒーを飲んだだけでも、めまい、動悸、震え、眠れない、下痢、吐き気、不安な気持ちになる、などの症状が出る場合には、敏感と言えるでしょう。

これらの症状が数杯飲んで出るならば、自分の限度量を超えていると言えます。その日の体調によってもその量は変わります。身体の反応を感じながら適量を知るのがいいですね。

東洋医学的な視点で、コーヒーが合わない人

  • 気血が不足して元気がない方…めまい、動悸、震え、眠れない、下痢、吐き気、不安な気持ちになるなどの症状がすでにある方はそれを強めてしまうため、カフェインを含むの飲食は控えた方がよいです。
  • 血や水分が不足している方…肌がかさつく、痩せ、イライラ、手足のほてり、眠れない、寝汗が多い、のどが極端に乾くなどの症状がある方が、乾燥させる作用や温の性質のあるコーヒーを取ることで、その症状がより強く出る可能性があります。
  • イライラして怒りっぽい方…コーヒーの温の性質が、イライラしている熱の性質を強める可能性があります。

東洋医学的な視点で、合う人

  • 気が滞っている方…気を上昇させる作用により、うつうつしている気持ちから精神を活発にし気分を高めます。
  • 水分が過剰で滞っている方…乾燥させる作用により、むくみ過剰な水分を外に排出します。

西洋医学的な視点で、摂らない方がよい人

妊婦さんです。流産、低出生体重児のリスク因子として報告されており、控えるように指導されています。

西洋医学的な視点、身体への良い影響

コーヒーを常飲している人には、以下のような大きな疾患になる相対的リスクが低いという調査結果が出ています。

  • 肝がん・子宮体がん・女性の大腸がんになる確率が低い傾向
  • 2型糖尿病の確率が低い傾向
  • 肝疾患(AST, ALT, GGTのレベル減少、肝硬変のリスク低下)への影響
  • パーキンソン病への防御的な作用
  • アルツハイマー病で、認知の悪化に防御的に作用

念のため、カフェインにこのような作用がある、ということではありません。コーヒーに含まれる様々な成分(特徴的なものはタンニンやナイアシンなどがあります)が絡んでいる、コーヒーという食品についての調査結果です。

このようにものごとにはそれぞれ良い面・良くない面があるので、「こういう作用もあるのだな」と頭の片隅にいれて、極端にかたよらず自分に合った量を自分の身体に聴きながら、それぞれの食品のおいしさを楽しんでいきたいものです。

薬膳的には…
【コーヒー】性味:温 / 五味:甘、苦 / 帰経:肺、肝、胃、脾、心