女性の月サイクルの基本【月経と月経異常】

月経がどういうものか、また、月経の正常範囲と異常な範囲についてを説明します。

参考:病気がみえる vol.9 婦人科・乳腺外科

月経周期と女性ホルモン

月経とは、約1ヶ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮内膜からの周期的な出血のことです。

月経が開始した日を1日目として、次の月経開始前日までを月経周期といい、月経周期は28〜30日が最も多いです。

周期の前半の約14日が卵胞期、その次に排卵があり、排卵後の約14日間が黄体期といいます。

卵胞期

月経開始から排卵までの、卵子が放出される前の期間。
卵巣では卵胞が成熟していく時期で、エストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌する。
エストロゲンの作用により、子宮内膜が増殖・肥厚する。
低温期。

排卵期

卵子が放出される期間。
脳下垂体から卵胞への指令(LHサージ)により、成熟した卵胞から排卵が起こる。
通常16~32時間。この時期、体温は陥落する。

黄体期

排卵から次の月経開始までの、卵子が放出された後の期間。
排卵した卵胞は黄体となり、主としてプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌する。
プロゲステロンは、卵子が着床しやすいように子宮内膜をふかふかの状態にする。
高温期。

病気がみえる vol.9 婦人科・乳腺外科(第3版)より

スポンサーリンク

月経異常

月経の正常範囲と、異常範囲を示します。

月経開始に伴う分類

  • 正常範囲 10〜14歳で初経が発来
  • 早発月経 10歳未満
  • 遅発月経 15歳以上で

閉止に伴う分類

  • 正常範囲 43〜54歳で閉経
  • 早発閉経 43歳未満
  • 遅発閉経 55歳以降

量の分類

  • 正常範囲 20〜140ml
  • 過多月経 出血量が異常に多い(140ml以上)
  • 過少月経 出血量が異常に少ない(20ml以下)

※ 昼間に夜用のナプキンを使用、睡眠中一晩で夜用でまかなえない、などが過多月経の目安。

持続期間の分類

  • 正常範囲 出血日数が3〜7日
  • 過短月経 2日以内
  • 過長月経 8日以上

スポンサーリンク

周期の分類

  • 正常範囲 25〜38日で発来
  • 頻発月経 24日以内で発来
  • 希発月経 39日〜3ヶ月未満で発来
  • 無月経 月経がない状態

taakko

北海道出身、アラフィフ鍼灸師。会社員生活を経て、40代で鍼灸師に転身しました。東京都千代田区の九段下、吉祥寺、練馬区などにて活動しています。 経絡治療という心身にやさしい日本鍼灸をベースに、14歳から92歳まで幅広い方を、食べる、眠る、動くことをスムースにできるようサポートをさせていただいてます。 ホランド理論の職業興味検査では現実的タイプ・研究的タイプ。好きなツボは三陰交、好きなヨガポーズはしかばねのポーズです!

スポンサーリンク

シェアする