カーッときてる人にいい【合谷 ごうこく】

谷

手の甲の親指と人差し指の間にある様子が、山と山が合わさる谷のように見えることからこの名前が付いています。

手の甲にあるにもかかわらず、頭の症状によく使われるツボです。

どちらかというと、身体が強くて有り余っている何かの滞りを通すような時によいツボです。

※ アイキャッチ画像 − DarkWorkXによるPixabayからの画像

合谷の効能

  • 血圧高めの人の頭痛緩和
  • のぼせの緩和
  • 背中のコリの緩和
  • 五十肩の痛みのの緩和

ご自分に合っているか判断できかねる方は、お近くの鍼灸師にご相談してみてください。

スポンサーリンク

合谷の位置

手の甲の親指と人差し指が交わるところの、やや人差し指側の凹みです。

合谷
合谷

taakko

北海道出身、アラフィフ鍼灸師。会社員生活を経て、40代で鍼灸師に転身しました。東京都千代田区の九段下・吉祥寺、練馬区などにて活動しています。 経絡治療という心身にやさしい日本鍼灸をベースに、14歳から92歳まで幅広い方を、食べる、眠る、動くことをスムースにできるようサポートをさせていただいてます。 ホランド理論の職業興味検査では現実的タイプ・研究的タイプ。好きなツボは三陰交、好きなヨガポーズはしかばねのポーズです!

スポンサーリンク

シェアする