ふくらはぎのむくみによいツボ【承筋・承山 しょうきん・しょうざん】

ふくらはぎにある2つのツボ、承筋(しょうきん)と承山(しょうざん)を紹介します。

承の字は、体重を受けて支える役目を表していると言われています。

体重を支えている足の筋肉のケアに使われることが多いツボです。

※ アイキャッチ写真 – compositaによるPixabayからの画像

承筋と承山の効能

主に身体の後ろ側に出てくる症状に良いツボです。家庭ではツボ押しをしてください。

  • ふくらはぎのつり・こむら返り
  • ふくらはぎのむくみ
  • ふくらはぎの疲れ
  • 腰痛
  • 便秘

スポンサーリンク

承筋と承山の位置

ふくらはぎの後ろ部分の中央ライン上で、膝裏の線と足首のちょうど真ん中の高さが承筋です。

膝裏の線と承山の間の真ん中よりほんの少し下で、ふくらはぎが一番膨らんだところが承筋です。

taakko

北海道出身、アラフィフ鍼灸師。会社員生活を経て、40代で鍼灸師に転身しました。東京都千代田区の九段下、吉祥寺、練馬区などにて活動しています。 経絡治療という心身にやさしい日本鍼灸をベースに、14歳から92歳まで幅広い方を、食べる、眠る、動くことをスムースにできるようサポートをさせていただいてます。 ホランド理論の職業興味検査では現実的タイプ・研究的タイプ。好きなツボは三陰交、好きなヨガポーズはしかばねのポーズです!

スポンサーリンク

シェアする