Treatment

鍼灸治療のメカニズムは、すべてが解明されているわけではありません。
しかし、血行を良くしたり痛みを緩和したりといった解明されている部分があります。
それをふまえて、鍼灸の治療効果を説明してみます。

Effect of Topical treatment ー局所への効果

局所の血流の滞りを鍼灸で刺激して良くすると、滞りでたまっている痛み物質や疲労物質を流すことができ、その結果痛みの緩和が可能です。
筋肉に鍼による小さな損傷を与えることによって血管拡張物質を放出するので、血流がアップします。
例えば、肩こり・腰痛・頭痛などが緩和されます。

Treatment of the whole body ー全身・体質への効果

身体全体の血行を良くするということは、ホルモンが運搬される手助けになります。
ホルモンとは血液によって運ばれ、特定の臓器に指令を出す物質です。
例えば、脳から放出される女性ホルモンが、遠く離れた卵巣にへ届けられる手助けになります。

それに加え、鍼灸の刺激は脳や脊髄に作用し、天然のモルヒネのような物質を分泌させます。そのことにより、高ぶっている神経を抑え、それまで感じていた痛みを和らげることができます。

また、鍼灸の刺激は、自律神経を調整する作用があります。
自律神経とは内臓や血管などを支配する神経のことで、私たち自身の意思で動かすことができない神経です。
例えば、足にある「足三里」というツボにお灸をすえると、全然別な場所にある胃が動き出す、という効果があります。(足三里は江戸時代の昔に松尾芭蕉が旅路で毎晩お灸をしていたというツボです)。
この自律神経を調整することにより、内臓の機能の調整が可能です。

検査してもはっきりと悪いところが見つからないとき、鍼灸で自律神経を整えることにより、症状が改善することがあります。

Oriental medical treatment ー東洋医学による治療

このような人間の生理に基づいた効果をより良く出すために、東洋医学の思想を持って診断・治療をいたします。
人体には経絡というツボとツボを結ぶ線がいくつかあり、どこの経絡に滞りや不足があるか、などの判断をして、鍼を打つポイントを決めていきます。

局所治療にとどまらずその方の全体を見ることによって、体質の底上げをして、良い効果を出していきます。