お灸でヤケドしませんか?

お灸にもさまざまな方法のお灸があります。

こちらの施術では、その方・症状に合ったお灸をします。

お灸の方法別にヤケドの可能性を書いてみます。

【塩灸】

お腹が冷えている方、便がゆるい方などにするお灸です。

紙の底を張った筒に、厚さ1〜2cmくらい塩を入れ、その上にもぐさを燃やして温かくしたものをお腹に当てていくというたいへん気持ちのいいお灸です。

お腹にあたるのは紙の部分で、熱くなったら置く場所を変えていくため、やけどの心配はありません。

【台座灸】

市販されているせんねん灸のようなお灸のことです。

燃えているもぐさの部分は皮膚には当たらないような構造になっています。

ただ、危険性としては、熱く感じているのに無理して取らずにおいたり、皮膚がぬれているときに使用すると、水ぶくれになることがあります。

また、こちらで使用する台座灸は熱さがソフトなタイプのものを使用し、状態をみながら行います。

もし心地よくない熱さがある場合にはご遠慮なくお伝えください、お取りします。

【直接灸】

皮膚の上にやけどを防止する軟膏を塗り、その上で直接もぐさを燃やします。

腱などに問題があるとき、妊婦さんのお灸をするときなどに、この方法のお灸をしています。

お灸のひねり方(作り方)や燃やし方によって、チクッと感じさせたり、ホワッと温かく感じさせたりします。

チクッと・ホワッとは、患者さんの持つ症状により使い分けます。

チクッとしたお灸の場合に点状のヤケドの可能性がありますが、このお灸をするのはその必要がある患者さんのみで、する前には患者さんにお話をして了解を得てから行います。

ホワッとしたお灸の場合には、皮膚に火が到達する前に手で火を消してしまうのでヤケドの可能性はありません。