首肩こりの治療

首肩こりは男女ともにたいへん多くの方が慢性的に持っている症状です。

肩こりとは

自覚的に頸部、肩甲上部、肩甲部、肩甲間部に不快感、自発痛、軽い運動痛があり、他覚的にはこれらの筋を触診すると、異常に緊張し、特定の部位に圧痛点ないしこりを生じているもの。

と、「肩凝りの定義およびメカニズム」という文書に書かれていました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam1981/44/4/44_4_361/_pdf

デスクワークをされている方など、長い時間同じ姿勢をすることがある方は、ほぼ確実にある症状と言ってよいでしょう。原因はほかにも、姿勢が猫背、ストレートネック、冷え、ストレスなどが考えられます。

とくに、スマホを見るときに首が前に出るような姿勢になり→ストレートネックになって、首肩こりが強くなっているという方も大変多く、小学生からすでに首肩こりがあるという時代になっています。

また、強い首肩こりがしっかりある方は、手のしびれ・痛み、頭痛、眼精疲労、イライラ症状やうつ症状、睡眠障害などの症状が一緒にあることが多いです。

東洋医学的には、血の滞り、気の滞り、気血不足などさまざまな原因が考えられます。

問診や脈によってその方の状態をみて、その方の体質を改善するツボを選びます。その他に、患部のこりを緩和させるために、その患部や患部と筋膜で繋がっているポイントを使って緩めていきます。

たかが肩こり、されど肩凝り。ひどくなると生活の質が落ちることは確実です。

セルフケアでなんとかできる方はよいですが、それでも我慢できなくなるときもあります。そんなときにはぜひ、はりきゅうを受けに来られてみてください。

治療例

30代女性。デスクワークでフルタイム勤務。

お仕事が忙しくデスクワークで同じ姿勢をとっていることが多く、そのうえ不妊治療クリニックに通っており、脈の状態からはストレスを強く感じている様子が見受けられます。

首肩のこりがたいへん強い方でしたが、妊娠希望のための定期的なはりきゅうの全身治療を受けられたところ、首肩の筋肉がほんとうに柔らかくなり、ご当人からこりがつらいと訴えられることがほぼなくなりました。

最初のうちは施術後の効果が続く期間が短かったですが、定期的に通われることにより効果が続く期間が長くなっていきました。